【動画で解説】通気性抜群の息苦しくない立体布マスクの作り方5選

スポンサーリンク

通気性の高い立体布マスクの作り方を動画でご紹介します。
マスク作りに必要なアイテムも厳選!夏場や運動時に嬉しい、息苦しくない快適なマスクを作ってみましょう!

立体布マスクの作り方動画5選

通気性の高い立体的な布マスクの作り方動画をご紹介します。

通気性の良い夏マスクの作り方♪型紙改良3モデル比較♪

通気性の良い夏マスクの作り方♪型紙改良3モデル比較♪/一番息しやすいのは?/簡単DIY/ How to make Breathable Summer mask(revised edition)
夏らしい柄だけでなく、ワイヤーの入れ方もポイント!

夏らしい柄や素材で作っているだけではなく、型紙を工夫したり、ノーズワイヤーを縦に入れたりしているのがポイントです。

cocoa

cocoa
マスクやエコバッグ、小物入れなどハンドメイドに挑戦中です^^ 自己流なので細かいことはわかりませんが、 一生懸命作ります。m(_ _)m Hello everyone I'm cocoa Japanese I like sewing In this channel, we will show you how to m...

チャンネル登録者数:2.97万人(2020年8月現在)

【ひんやり夏マスクの作り方】ダイソーのクールタオル・エアリズムでも

【ひんやり夏マスクの作り方】ダイソーのクールタオル・エアリズムでも★無料型紙4サイズ】縦ワイヤーも入れられる★センターステッチで快適★DIY Cool Face Mask
ダイソーのクールタオルを使って!

素材にダイソーのクールタオルやゴムの代わりに80デニールのハイソックスを切って使っているのがポイント。つけ心地にこだわっています。

kcoton

kcoton
【簡単で作りやすい】ハンドメイドグッズを紹介しています。マスクや、リカちゃん、メルちゃんの服など無料型紙も! おうち時間は楽しくハンドメイド♪

チャンネル登録者数:16.9万人(2020年8月現在)

【涼しい夏マスク】ムレにくい・アゴ下を覆わない形の夏マスク!

【涼しい夏マスク】ムレにくい・アゴ下を覆わない形の夏マスク!ノーズワイヤーとフィルターポケットを追加☆
ムレにくい、シンプルな型紙がポイント!

とてもシンプルな形の型紙を使って、ムレにくい夏用のマスクを作っています。ノーズワイヤーとフィルタポケットも付いているのがポイントです。

saya diary

saya diary〜ズボラ主婦が丁寧な暮らしに憧れる奮闘記〜
アラフォー主婦のsayaです。沢山あるチャンネルの中からご視聴して頂きありがとうございます😊✨ 元々すごくめんどくさがり屋で適当でズボラな性格をしていて、SNSで見る丁寧な暮らしをしている方達に憧れ このままじゃダメだとそんな自分から脱却したく奮闘中であります😤 このチャンネルではハンドメイド・収納・カバンの中身・料...

冷感・夏用マスクの作り方/生地代55円で作れる/超簡単型紙作り/手縫いでラクラク

冷感・夏用マスクの作り方/生地代55円で作れる/超簡単型紙作り/手縫いでラクラク
生地代55円!手縫いがポイント

生地はダイソーのクールタオルを使い、55円で出来ます。手縫いでできるのがポイントです。1枚のクールタオルで2枚のマスクが作れます!

りこの野菜畑

りこの野菜畑
夫・娘・息子の4人家族、家庭科全般が大好きな40代主婦です。 大学では『中学校教諭二種免許状(家庭科)』を取得。 裁縫の楽しさに魅了され、さらに学びを深めるためにパッチワークスクールにも通い、パッチワークの初等科を卒業。 生地に息を吹き込む楽しさを1人でも多くの方に届けられるよう日々勉強中です。 また家族のために料理を...

登録者数:5530人(2020年8月現在)

【夏用涼しいマスク】西村大臣風マスクの作り方 型紙なし簡単立体マスク

とっても簡単!大臣風立体マスクの作り方★夏用手ぬぐいマスク
型紙なしなのに立体的マスクが完成!

なんと型紙なしで、複雑に見える西村大臣風立体マスクを作ることが出来ます。夏用の涼しい素材で作ります。

つれづれリメイク日和

つれづれリメイク日和
こんにちは、”つれづれリメイク日和””です ちょっとした手仕事で日々の生活を彩るのが好きです。手芸の基本やリメイク、DIY動画などいろいろアップしていきますので楽しんでいただけると嬉しいです。チャンネル登録よろしくお願いします!

登録者数:5.46万人(2020年8月現在)

立体マスクに作りにおすすめの道具

ROSKI マスクゴム

メーカー名:ROSKI

マスクに最適な丸ゴムです。耳が痛くなりにくいのがポイント。50mで980円というお値段も嬉しいです。

mukeyo マスクゴム平ゴムタイプ

メーカー名:mukeyo

天然ゴムを使用し、弾力性に優れています。市販のマスクなどに使われている使いやすい平ゴムなので、顔にかけやすいのが特徴です。

EWAゴムストッパー

メーカー名:EWA

ゴムの長さを調節するためのゴムストッパーです。顔のサイズによってゴムの長さを調節できるのでとても便利です。

マスク用冷感生地

メーカー名:バグーストレード

夏用マスクにぴったりな冷感生地です。170cm幅で1mの価格なので1mあれば、4つくらいのマスクが作れます。6色の色違いがあるのも魅力です。

接触冷感生地・ゴム・ワイヤーセット

メーカー名:Daisha Teah

夏用の接触冷感の生地とゴム、そしてワイヤーがセットになっていてとても便利です。本来、バラバラに買うと送料も別にかかったりしますが、送料無料なのも嬉しいです。

立体マスクの作り方の流れ

  • STEP1
    型紙を用意する
    型紙を作ります。HPよりダウンロードして切り抜きします。型紙不要の場合もあります。
  • STEP2
    型紙を布に置き、裁断の準備をする
    型紙を広げた布の上に置いて裁断の準備をします。柄がある場合は柄合わせにも注意します。
  • STEP3
    裁断をする
    型紙を布の上に置いたらまち針で止め、1cmほど縫い代を取って裁断します。
  • STEP4
    仮縫いをする
    まずはしつけ糸で仮縫いをし、できれば顔にあててサイズ感を見ます。
  • STEP5
    本縫いをする
    ミシンでまずは、中央部分から縫っていきます。
  • STEP6
    ゴムを付ける
    ゴムをマスクに取り付けます。ゴムの代わりにソックスなどを切って使う場合もあります。
  • STEP7
    アイロンで仕上げる
    完成したら手アイロンでもいいですが、アイロンをかけるとより丁寧でキレイに仕上がります。

立体マスクの作り方のポイント

型紙は必ずしもなくてもOK!

マスクの型紙は必ずしもなくてもOK!市販の立体マスクなどから取ってもそれなりにうまくできます。ポイントは自分の顔にあっているか、時々当ててみることがコツ。

冷感タイプの生地でも炎天下では暑いときも!

冷感タイプ、または接触冷感タイプの生地を買ってマスクを作っても、意外に炎天下では息苦しく、暑いこともあります。いろいろな素材で作ってみて比べてみるのが一番自分に合う涼しいマスクを見つける近道と言えるでしょう。

ノーズワイヤーやゴムストッパーはあったほうがいい

マスクの鼻のところに入れるノーズワイヤーや、ゴムの長さを調節するゴムストッパーは、できればつけたほうがいいでしょう。
マスク自体が立体的に出来ていても、鼻のところが浮いたり、ゴムの長さの微調整ができないとつけ心地が悪いものですが、この2つがあればそれも解消されます。

マスクはできればハンドメイドで自分にあった物を!

マスクのつけ心地は、10人いれば10人とも感じ方が違うものです。
立体マスク作りはできれば仮縫いをしながら、ハンドメイドでつくるのが一番!
自分にとってつけ心地がいいお気に入りのマスクを手に入れましょう♪